読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

astamuse Lab

astamuse Labとは、アスタミューゼのエンジニアとデザイナーのブログです。アスタミューゼの事業・サービスを支えている知識と舞台裏の今を発信しています。

Re:ゼロから始めるJavaScript入門

今回初めて開発者ブログを担当させていただきます、 Scalaでバックエンドの開発をしているaxtstar(@axtstart)と申します。

以後お見知りおき頂ければ幸いです。

今日はScalaの話ではなく、 Scalaは私よりも詳しい方にお任せして JavaScriptの話題をさらりと取り上げてみたいと思います。

弊社では、勉強会という名目で開発・デザインの各社員が持ち回りで、調べたことや、興味のあることを発表する機会があります。 ネタに特に制限は無く、業務に関係していなくても構いません(もちろん関係していても構いません)。

社内提供用apiの技術的背景や、Scalaの新機能の紹介、参加したテック系カンファレンス (もちろんテック系のカンファレンスへの参加は業務のうちです。) のトレンド、またDocker、AlphaGo等、巷で話題になった内容を掘り下げて発表された方もいらっしゃいます。

今回の内容はその中で発表した内容をブログ向けに加筆修正したものです。

ゼロから始めるJavaScript

私が初めてJavaScriptを触ったのは、ASP(Active Server Pages)がまだ普通に使われていた頃です。 その後チョコチョコと扱う機会があったのですが、 概ね持っていた印象は下記のようなものでした。

  • スクリプト言語なのでエディタで書くためミスに気づきにくい
  • テストをwebブラウザを介して行うので煩雑、面倒。
  • ブラウザ毎に挙動が違うため、条件分岐が(当然ながらテストも)多くなってくる
  • prototype等、特有の書き方がわからない・よく間違う
  • ちょっとしたミスですぐ動かなくなる

サーバサイドを扱っていると、(前職ではASP.NETを扱っていることが多かったのですが) その違いが大きすぎて、JavaScriptってなんだかとっつきにくいというか、 なんとなく敬遠していました。

ちなみにASP.NETで使うC#の印象は下記のようなものでした。

  • コンパイル言語かつIDEにVisualStudioを使う為、Intellisenseによる強力な補正が働くためミスを軽減できる
  • テストはNUnitにより、コード内での網羅がわかる
  • Delphiの開発者が作ったため、オブジェクト指向的な書き方が容易

そんな印象からか、JavaScriptはとにかくなるべくなら見てみないふりをしていました なるべく使用しないような設計を選択する心理的バイアスがかかっていました。

再会のJavaScript

そんな印象だったJavaScriptですが、AjaxやjQuery、JSONの登場により確実な進化を遂げてきて、 更にNode.jsのようなサーバサイドの処理をJavaScriptで行うライブラリが登場したことで、サーバサイドエンジニアという意味合いも揺らいできたかと思います。

ご存知の通り、ECMAScriptの仕様が活発に検討されるようになり、本家 と言われる部分にも大幅な仕様変更がES6で入ったことで、 JavaScriptを取り巻く環境は大幅に変わりました。

タイトルに書いた通り、私がそうであったように、かつてJavaScriptを使っていて、 最近その世界に戻ってきた方には、何だかさっぱり様変わりしていて、 まさに再度ゼロからの入門が必要な状況になっているように感じていました。

約束した環境は遠く

まず、エディタのみを使って、何かJavaScriptだけで作ってみることで、実際に私が感じていたとっつきにくさが本当か確認してみました。

さらっと「確認してみました」と書きましたが、実際は相当時間がかかりました。

↓作ったもの↓

(html5+jQueryで動作しているので、古いブラウザでは動作しないと思います。)

黒選択時は盤面をクリックまたはタッチでゲームが始まります。 白選択時はstartボタンでコンピュータからゲームが始まります。 コンピュータはランダムで打ちます(アルゴリズムは全く考えていません)。




とにかく、HTML+JavaScriptだけで書いてみました。 ここに置いています。

これをエディタだけで書くのは、 二度とやりたくない かなり無理があるなというのが本音です。 やはり何か考え直さないとこのとっつきにくさは改善されないのは確かでした。

JavaScript入門のリスタート

調査した結果、以下の方法で、JavaScriptを整備する環境を構築してみることにしました。

こう変える 備考 おすすめ度
何かのEditor Visual Studio Code 下記 ★★★
なかった IntelliSense、コードスニペット VSCodeで実現 ★★★
alert埋め込みデバッグ エディタ上でデバッグ VSCodeで実現 ★★★
prototype class ES6化のため、トランスパイラが必要。ミスの低減。 ★★
function arrow functions ES6化、多用は逆に可読性を下げるかも
文字列を加算 template string ES6化、可読性の向上

Visual Studio Code(VSCode)は2015年にMicrosoftがElectronをベースに作成した、エディタです。 *1 名前からあのVisual Studioを想像してしまいますが、こちらは IDEではなく、マルチプラットフォームで動く、エディタです。 Atomとよく似ています。 *2

下記からVisualStdio Codeをダウンロード・インストールします。 code.visualstudio.com

F1キーを押して下記のようにすると、拡張機能のインストールができます。

ext install Javascript

f:id:astamuse:20160622091808p:plain

続けて以下もインストールします。

ext install Babel ES6/ES7

ext install Chrome

ext install eslint

VisualStudioとよく似ている機能としてはIntelliSense があり、コード補完や、クラスのメンバ関数などを一覧から、選択、コードへの貼り付けができるようになっており、生産性の向上が期待できます。

またIDEではないので、起動はかなり早いです。 (正直に言うと、エディタにしては遅いかもしれないですが。。)

下記はIntelliSenseで自分の作ったclassのメンバを確認している図

f:id:astamuse:20160622091210p:plain

デバッグ機能もかなり洗練されていて、 下図のボタンをクリックすると、.vscodeディレクトリに、 launch.jsonという名のボイラープレートが生成され、必要な部分を変更するだけで デバッグ機能が動作するようになります。

f:id:astamuse:20160622101246p:plain

Chromeデバッグの設定例

{
  "version": "0.2.0",
  "configurations": [
    {
      "name": "Launch reversi.html with sourcemaps",
      "type": "chrome",
      "request": "launch",
      "file": "${workspaceRoot}/reversi.html",
      "sourceMaps": true,
      "webRoot": "${workspaceRoot}"
    }
  ]
}

デバッグ時の画面(chrome)

f:id:astamuse:20160623114221p:plain

もう見ただけで、生産性が向上した気分になります(笑)。

ES6がかった方法

上記の環境が出来上がった後、実際に元のソースをES6に対応させることにしました。

Chromeなどの最新のブラウザは既にES6の機能をほぼほぼ実装しており、ブラウザ毎の対応状況は こちらから確認することができます。

CoffeeScriptやTypeScriptなどから広がった考え方、手法にトランスパイラというものがありますが、 サーバサイドのJavaやC#もソースに変換処理(コンパイル)が必要という意味で、似たようなものがあります。

ES6のトランスパイラはBabelが有名で、かつてES6toES5と呼ばれており、 文字通り、ECMAScript6(ES6)のjsソースをECMAScript5(ES5)に変換することで、 より多くのブラウザで動作するようにするツールのことです。

今回はNode.jsを導入することで、これらの環境を整えました。

Node.js

Node.jsを上記からインストール後、npmで下記コマンドでbabel などをインストールしました。

npm install -g eslint webpack babel-loader babel-core babel-preset-es2015

今回ES6化したものは

prototype –> class

classはprototypeのシンタックスシュガー(糖衣構文)として実装されたES6機能です。

  • prototype
var yellowbase = function(_baseName, _rpt, _iwidth){
}
yellowbase.prototype = {
},
init:function( _baseName ,_rpt,_iwidth){
}
yellowbase.prototype.create.prototype=yellowbase.prototype;
  • class
export class othelloBase {
  constructor(_cssBase,  _rpt, _iwidth){
    return this;
  }
  init( _baseName ,_rpt,_iwidth){
  }
}

冗長だった記述がすっきりまとまった感が半端ないです。

function –> arrow functions

ScalaやC#ではおなじみ、Java8で導入されたラムダ式を用いた匿名関数の記法です。

  • function
$("#" + this.baseName).on('fire', function(){ox.draw();});
  • arrow functions
$(`#${this.baseName}`).on('fire', () => {ox.draw();});

すっきりしますね。

文字列結合 –> Template String

ScalaではInterpolationと呼ばれる、文字列の展開を行うシンタックスシュガーです。

  • 文字列結合
var cssSelector="input[name='c']";
var cssCheck= cssSelector + ": checked";
yourColor = Number($(cssCheck).val());
  • Template String
b.yourColor = Number($(`${cssCheck}:checked`).val());

こちらも意味的に分かりやすくなり、すっきりします。

このように、ES6を用いると、かなり冗長な記法を回避できることがわかりました。

こちらに上記のリバーシのソースをES6に対応したコードに修正したものを置いてあります。

また、ES6は2015年に仕様化されたECMAScriptの仕様ですが、現在ES7の仕様も検討中(もしかしたらこの記事を見ている頃にはもう出ているかもしれません。)のようです。

ES7の面白そうな記法にC#ではおなじみのasync/awaitというものがあり、非同期処理に関するもので、仕様の行方が気になります。

Re:ゼロから始めるJavaScript入門

このように、JavaScriptがモダンな開発手法をどんどん取り入れており、 コード補完、デバッグ、静的コード分析を手軽に行えるエディタの登場もあって、 ES6以降は他の言語と変わらないような、生産性の高い記述方法を取れることがわかりました。

もちろん、まだまだ巷には古いブラウザも存在しており、トランスパイラの精度の問題など、プロジェクトで本格的に使うにはまだまだ実験的な部分も大いにあるのですが、それでも、 以前と比較して、サーバサイドの開発者であっても違和感なく、JavaScriptの開発を進めていける環境が整ってきたように思います。

これを機に再度、入門を行って知見を広げるのも良いかと思いブログにまとめてみました。 何かの参考になれば幸いです。

また機会があれば非同期処理やテストなど、他の部分を掘り下げるのも良いなと、感じています。

最後になりましが、 アスタミューゼでは現在、エンジニア・デザイナーを募集中です。 興味のある方はぜひ 採用サイト からご応募ください。

参考にさせていただいた資料・Webサイトなど

*1:最近、正式版である1.0版が出ました。

*2:AtomもElectronベースで、こちらの方が古くからあるため利用者も多いようです。

Copyright © astamuse company, ltd. all rights reserved.